住宅や店舗などの雨漏り、漏水調査も無料点検 ご相談、お見積は無料 防水工事は東京都足立区の株式会社ナガサワ美装

漏水・雨漏り調査・施工

塗装の現場最新レポート 今日のナガサワ美装

安心の瑕疵保険 施工後の不具合にも対応

漏水にサーモグラフィー調査 見えない部分を見る技術

足場センサー 施工中も安心を確保 万全の防犯対策

ご相談は無料です!電話またはメールでお気軽にご連絡ください

職人募集中! 男女新規スタッフ募集 頑張り次第で収入UPも可能!

戸建住宅塗装専門店 住まいのドクターBright House ペイントスタジオ ブライトハウス

ナガサワ美装

当サイトはリンクフリーです。上のバナーをご利用下さい。

漏水・雨漏り  調査のポイント

最先端の赤外線カメラを使用し、プロの職人によるサーモグラフィ調査で、目に見えにくい原因箇所を発見致します。

原因箇所に最適な防水工事を施工し、漏水・雨漏りの問題を解決します。

屋根の修理もお任せ下さい。

緊急雨漏りサーモグラフィー調査 足立区千住

本日はかなりの量の雨が降り続いておりますので雨漏りが発生してお困りの方も多いのではないでしょうか?

先ほど足立区千住のビル管理会社様より雨漏りSOSが入りました。

雨漏りの場所を特定したいとのことでしたのでサーモグラフィーを持参し緊急出動してまいりました。

雨漏りはこちらのサッシから

DSCF3290.JPG

水がぽたぽたと垂れておりました。

DSCF3303.JPG

サッシの外を見てみるとシーリングに亀裂が見られます。

DSCF3297.JPG

この状況を確認する限り水が落ちている雨漏りはここで間違いが無いように思います。

がここからがサーモグラフィーの本領発揮です。

雨漏りしているサッシ廻りはもちろん温度は低いのですが

2.jpg

サッシ左下にも温度の変化が確認できます。それが下まで垂れているのがわかります。

1.jpg

左側にも何か原因があるのでは?とその上の部分を確認してみます。

見た目には何もないですが、、、

6-1.jpg

サーモグラフィーで見るとこんな風に見えます。

6.jpg

かなりはっきりとした温度の変化ですね。

もしかして外壁に目地があるのかな?と思われるほどまっすぐ反応が出ております。

窓から外壁をのぞいてみると

DSCF3295.JPG

なんとまったく同じ場所に目地がありました。

天気が悪いこともあり現状ではどこまで悪いかは確認しきれませんでしたが、雨漏りの原因の一つであることは間違いありません。

もし目視だけの確認だったら見落としていると思われます。

サーモグラフィー調査は目に見えない雨漏りの発見に力を発揮致します。

雨漏りの原因究明、雨漏り個所の特定が難しくてお悩みの方はぜひご相談ください。

 

サーモグラフィーでの雨漏り調査

雨漏りの調査のご依頼がありましたのでお伺いさせていただきました。

雨漏りは3F建ての2Fから発生しております。

2-1.jpg

サーモグラフィーで確認してみると雨が降って3日後なのですがまだ湿気が確認できます。

2.jpg

その上の3階もサーモグラフィーで確認してみます。

見た目は普通ですが、、、

3-2.jpg

サーモグラフィーではこう見えます。

3.jpg

2階の雨漏りの原因はは3階より上階にあるのでは?と思われます。

外壁の確認をしてみると3階サッシの上場の外壁に亀裂が見られます。

DSCF1988.JPG

屋上に上がって上から確認すると雨を受け止めるように外壁が割れてしまっております。

DSCF1993.JPG

他の室内天井には雨漏りの反応は見られませんでした。

外壁にはその他にも数か所同じような亀裂が見られましたので、雨漏りの原因はこの亀裂ではないかと思われます。

このようにして雨漏りは発生している範囲を特定していきながら、原因に近づいていく調査方法になります。

目に見えない水の形跡を見つけるサーモグラフィー調査をご希望の方はお気軽にご相談ください。

 

屋根の葺き戻し工事とは?ナガサワ美装の屋根の無料点検

本日より施工させていただきます葛飾区青戸の現場では屋根の葺き戻し工事を施工いたします。

よく屋根の葺き替え(交換)は耳にしますが、葺き戻しとは?

一度既存の瓦を取り外し、屋根のルーフィング(防水シート)を交換し、また瓦をもとに戻す工法です。

屋根葺き戻しは瓦の状態が悪くなければ下地の防水シートのみの交換で済むので、瓦の廃棄処理費用が掛からない事と、新しく瓦を購入する費用が掛からないので経済的にもお勧めの工法です。

瓦は廃棄するだけでもかなりの費用が掛かりますので、もし瓦の状態が悪くなければ『瓦屋根葺き戻し』工事はお勧めです。

しかし、その判断はどのようにしてすれば良いのでしょうか?

しっかりと屋根を確認してからの判断が必要になります。

ナガサワ美装では屋根の調査を無料で行っております。

今回のお客様ももちろん無料で点検後に、今回の工事のご提案をさせていただきました。

①まず瓦の破損は見られませんので瓦の交換は不要です。

CIMG4145.JPG

②瓦を一部解体し、ルーフィングの状態を確認します。

瓦の下のルーフィングはかなり劣化が進んでおり、今後を考えると交換しておいたほうが良いという判断になりました。

CIMG4124.JPG

③棟の状態は一見何も問題がないように見えます。

CIMG4128.JPG

しかし表面のカバーを外してみるとこちらもかなり劣化して雨水の侵入が懸念される状態でしたので、一度解体し、処理をする必要があると判断しました。

CIMG4126.JPG

このような点検業務をきちんとしたうえで、お客様に合ったお見積り、施工方法をご提案するのがナガサワ美装の工事です。

自分のうちの屋根はどうなっているのか?防水がどうなっているのか?気になる方はまずはナガサワ美装の無料診断をお勧めいたします。

もちろん診断は無料で行います。

また、工事は不要であればきちんとその結果をお伝えいたしますのでお気軽にご相談ください。

今回の工事ではお客様は弊社の提案の工事をすべて施工していただけますので、この先安心してお住まいになれる工事をしっかりと施工させていただきます。

 

千葉県船橋市の雨漏り散水調査です。

本日は雨漏りの原因が特定できないとお困りのお客様からのご依頼で千葉県船橋市のお客様のところへ雨漏り調査に来ております。

雨漏りは事務所の天井から発生したそうです。

DSCF0644.JPG

DSCF0646.JPG

本日は雨が降ってはおりましたが雨漏りはしておりませんでした。

そこで強い雨を想定した散水調査を行ってどのような状態になるのか確かめていきます。

まずは目視による確認です。

DSCF0657.JPG

漏水箇所の場所を寸法であたり、その近辺の確認します。

真ん中の×印が雨漏りした天井の位置になります。

DSCF0654.JPG

状況は各排水がここに流れてくる状況でした。

つまり大雨が降るとここに大量の水が流れてくることが想像できます。

DSCF0682.JPG

そこで雨漏り個所とも近い排水廻りを確認してみると排水ドレンの周りが若干浮いているように感じます。

DSCF0661.JPG

よく見ると破断している場所がありました。

DSCF0689.JPG

こちらを中心に散水をしてみますと

DSCF0672.JPG

はじめは何も変化がありませんでしたが時間が経つと漏水箇所が湿ってきて色が変わってきました。

RCの建物は雨漏りがすぐに発生せずに時間をかけて水が回ってくる場合がありますので、散水後すぐに反応が見られない場合がありますので確認が必要です。

DSCF0695.JPG

サーモグラフィーで確認するとハッキリと水が来ていることがわかります。

6.jpg

これで排水口廻りの亀裂が今回の雨漏りの原因の一つだということがわかりました。

調査はこのように行っていきます。

雨漏りにお困りのお客様はまずは弊社にご相談ください。

サーモグラフィー調査、ファイバースコープ調査で雨漏りの原因を突き止めます。

外壁にヒビが…足立区竹ノ塚で雨漏り補修工事

横風が強い雨の時に外壁のヒビより壁内に雨水が侵入してしまう足立区竹ノ塚の会社様より補修の依頼です。

ヒビは建物とH鋼の継ぎ手部分

巾木のシーリング部分に見られます。

CIMG2768.JPG

CIMG2779.JPG

CIMG2776.JPG

ウレタンシーリングをしヒビをしっかり埋めます。

CIMG3407.JPG

CIMG3403.JPG

 

CIMG3405.JPG

CIMG3402.JPG

このままではおかしいので現在の外壁の色を調色して補修塗装を施し完了です。

CIMG3410.JPG

CIMG3413.JPGCIMG3418.JPGCIMG3421.JPG

雨漏り発生の緊急連絡!!と思いきや・・・

本日雨漏りが発生しましたとSOSの電話が!!

サーモグラフィーを持ち至急現場に急行。

現場はかなりの水がしたたり落ちております。

雨は弱くなっているのにこの水量は???

 CIMG1313.JPGCIMG1315.JPG

 

とにかく調査をして原因の特定をしなければ!!とサーモグラフィーで確認します。

このサーモグラフィーからの状況で

①壁際から水が来ている

②水の出ている所から漏水している所まではそこまで離れていない

という事がわかります。

CIMG1314.JPG4.jpg

CIMG1316.JPG6.jpg

 

そこで上の階の同じ位置を確認しに行きました。

上から水が来ている感じはありませんがサーモグラフィーで確認しておきます。・・・が漏水はなさそうです。

CIMG1310.JPG1.jpg

サーモグラフィーを下の方へ移動していきます。

見た目には異常は見られませんが・・・

CIMG1311.JPG

サーモグラフィーの画像は・・・

アレアレ?おかしいぞ??

パイプスペースの下部の温度が急激に低いです。

2.jpg

パイプスペースをあけてみると・・・

何と給水管から水が出ているではないですか???

CIMG1309.JPG

これが漏水の原因でした。

サーモグラフィー調査により雨漏りではなく、給水管からの漏水が発見できました。

このようにサーモグラフィー調査では温度の違いを確認していくことで雨漏りや漏水個所の特定をするのに有効な手段になります。雨漏り、漏水でお困りの方、いろいろな業者さんに診てもらったが原因がわからないといったお悩みのお客様は是非1度お問い合わせ、ご相談ください。

今回は弊社の工事対象ではないので水道屋さんにバトンタッチをして終了です。

原因が特定できてよかったです。

 

雨漏り出張調査!!茨城だって全然OK!!

昨日の強い雨のせいで雨漏りが発生されたお客様いらっしゃるのではないでしょうか?

すでに梅雨入りしてはおりますが、台風の時期になる前に何とか直しておきたいところですよね?

けれどどこの業者さんに診てもらっても原因がわからない~

多くの困り果てたお客様が弊社にご連絡をしてきていただいております。

今回は茨城県からのご依頼です。

内容は天井からずっと雨漏りが発生しているのですが原因を見つけて直してほしいです。

 

というわけで筑波山を眺めながら調査現場へGO!!

IMG_2741.JPG

 

雨漏り現場は2箇所

昨日かなり雨漏りしたようです。

まずは現場の状況とサーモグラフィーで漏水範囲を確認です。

IMG_2746.JPG

1.jpg

IMG_2754.JPG

5.jpg

どちらもしっかり雨漏りしておりますが、範囲としては比較的狭いので雨漏り箇所の特定はしやすいのではと思い、漏水個所の位置を確認し、屋上へ。

雨漏りした位置は大体このあたりですが、防水層の切れているところや穴などは見受けられません。

IMG_2773.JPG

そこで自慢のサーモグラフィーの登場です。

雨漏り箇所の近辺をサーモグラフィーでのぞいてみると・・・

13-2.jpg

見た目や触ってもわからないこの立ち上がりに反応が見られます。

13.jpg

明らかに水が入っていると思われるサーモグラフィーの画像。

このわかりやすさがサーモグラフィーの特徴です。

ではこの水がどこから入っているのでしょうか?

立上りに水が入ってくるのは笠木から水が入っているのか?

じゃあどこからだ?

今度は笠木をサーモグラフィーでみてみましょう。

7-2.jpg

するとどうでしょう?

笠木の左の部分の温度が低いですね。

しかも部分的に・・・。

7.jpg

念のため他の笠木を確認してみると

8-2.jpg

問題なしですね。

8.jpg

ちなみに他の立ち上がりも見てみると

17-2.jpg

問題ないですね。

17.jpg

という調査の結果今回の雨漏りの原因は笠木ではないかと思われます。

といった作業が雨漏り調査となってきます。

このようにはっきりと確認できる場合もございますし、雨漏りが広範囲で特定しきれない場合もございます。

私も今まで経験させていただきました知識とサーモグラフィーでお客様の雨漏りのお悩みを解決していきたいと思います。

茨城県、埼玉県、神奈川県、栃木県、千葉県、もちろん東京も関東全域現場調査にお伺いいたします。

外壁塗装、防水工事、雨漏り調査のご依頼はナガサワ美装にお任せください。

 

 

漏水緊急対応 豊島区駒込

本日は漏水が発生しましたアパート大家様より漏水緊急対応のご依頼がありました。

お伺いするとかなりの漏水でした。

IMG_6015.JPG

漏水の水は濁っておりませんので排水ではないかと思われます。

給水メーターも確認しますがこちらもまわっておりません。

 

サーモグラフィで確認してみると・・・

12121.jpg

全体というより一か所にかなりの水が流れている模様です。

お客様に了解を頂き天井の開口をしてみます。

給水管から水が出ておりました。

なぜメーターが廻っていないのか不思議でしたが漏水個所は何とか特定できました。

IMG_6113.JPG

配管補修をして本日は完了です。

後日天井の復旧工事に伺います。

 

漏水、雨漏り、防水工事はナガサワ美装にお任せください。

緊急対応いたします。

台東区竜泉で漏水補修 シーリング工事

台東区竜泉では室内漏水でお悩みのお客様よりサッシ廻りと外壁1分のシーリング工事のご依頼がありました。

P1040028.JPG

水切りのシールは抜けており、サッシ廻りにはヒビがありました。

P1040030.JPG

P1040033.JPG

壁面にもヒビが見られました。

IMG_5564.JPG

早速プライマーを塗布後、シーリングです。

IMG_5573.JPG

IMG_5571.JPG

IMG_5574.JPG

IMG_5583.JPG

IMG_5584.JPG

IMG_5581.JPG

漏水による緊急の工事の対応もさせていただいております。

漏水でお困りのお客様はまずご連絡ください。

シーリング工事、防水工事、外壁塗装工事対応いたします。

 

サーモグラフィ調査の続き 足立区加平

昨日漏水確認をした足立区加平の漏水調査現場です。

シーリングが甘い箇所のシーリングをしっかり充填します。

IMG_5246.JPG

プライマーをしっかり入れます。

IMG_5248.JPG

速乾性の防水性の高い売いウレタンシーリングを充填します。

IMG_5254.JPG

跡は乾燥を待ち散水調査です。

IMG_5256.JPG

水をかけていきます。

IMG_5292.JPG

 

昨日は室内への漏水が確認できましたが、本日は出てきません。

IMG_5291.JPG

これで漏水工事も完了です。

サーモグラフィと散水調査で今回の漏水は止めることができました。

 

前のページへ

ご相談・現地調査は無料です。フリーダイヤル0120-589-431。受付時間午前8時から午後7時。メールでのご相談は24時間受付中です。