外壁塗装、屋根塗装、防水塗装の最新現場レポート。東京23区、埼玉、千葉、神奈川、茨木も対応。東京都足立区(株)ナガサワ美装

塗装の現場最新レポート

塗装の現場最新レポート 今日のナガサワ美装

安心の瑕疵保険 施工後の不具合にも対応

漏水にサーモグラフィー調査 見えない部分を見る技術

足場センサー 施工中も安心を確保 万全の防犯対策

ご相談は無料です!電話またはメールでお気軽にご連絡ください

職人募集中! 男女新規スタッフ募集 頑張り次第で収入UPも可能!

戸建住宅塗装専門店 住まいのドクターBright House ペイントスタジオ ブライトハウス

ナガサワ美装

当サイトはリンクフリーです。上のバナーをご利用下さい。

台東区の塩ビシート防水2日目 機械固定工法

本日も引き続き台東区の塩ビシート防水現場から。

本日の作業はシートの貼り付け作業です。

まずはシートを並べて端部を昨日固定した鋼板に溶着材で止めていきます。

IMG_3832.JPG

IMG_3835.JPG

次の作業はシートどうしを溶着させる作業です。

IMG_3862.JPG

最後にシートの付きが悪い箇所をチェック棒で確認しながらライスターという加熱器で接着していきます。

本日も防水メーカーのダイヤフォルテさんの若手営業マンが現場のお勉強を兼ねて弊社の作業を見守ってくださっております。

IMG_3886.JPG

次に立上り

鋼板を取り付けシートを貼っていきます。

IMG_3905.JPG

入隅はライスターで加熱して接着します。

IMG_3911.JPG

本日はここまでで作業終了です。

 

足立区で塩ビシート防水の施工が始まりました。機械固定工法

本日より足立区千住で屋上の塩ビシート機械固定工法の防水工事が始まります。

ハウスメーカーの高い見積にお困りのお客様が弊社へご相談に来てくださいました。

ハウスメーカーからは塩ビシート防水の密着工法でのご提案だったようですが、弊社がご提案したのは塩ビシート機械固定工法です。

理由は簡単

既存の防水が塩ビシートの機械固定工法だったからです。

密着工法では下地が動いてしまうのであまりよろしくありません。

施工前

DSCF2414.JPG

まずは下地の深さを確認して、使用するビスの長さを確認します。

CIMG5776.JPG

今回使用する材料はシート防水メーカーのダイヤフォルテさんの製品です。

絶縁のシートを貼るためにボンドを塗布します。

IMG_3782.JPG

半が湧きの状態でシートを弾きます。

本日こちらの現場は施工初日なのでわざわざダイヤフォルテの営業さんが応援に駆けつけてくださいました。

IMG_3786.JPG

シートのめくれを防水するテープを貼っていきます。

IMG_3793.JPG

次にシートを止める鋼板を設置する場所を墨出ししたら鋼板を置いて穴あけ作業です。

IMG_3801.JPG

下地が断熱材で勾配を取っておりますので、先に調べた深さに合わせ穴の深さも変えて開けます。

IMG_3804.JPG

下地がALCですのでビスを打つ前にエポキシ樹脂を注入してから固定します。

IMG_3810.JPG

IMG_3818.JPG

本日の作業はここまでです。

明日はシートを貼っていきます。

IMG_3822.JPG

次に

 

台東区 高圧洗浄 足場防犯センサー

本日は高圧洗浄清掃

長年蓄積された汚れをきれいに洗い流してあげます。

屋上、」屋根、外壁としっかり洗浄させていただきました。

IMG_3604.JPGIMG_3632.JPG

今回現場には防犯センサーが設置されております。

IMG_3598.JPG

弊社2月より社名が変更になっております。

現在株式会社セイルズという新社名で営業しております。

ホームページもリニューアル中ですのでお楽しみに。

台東区で外壁塗装が始まりました。隣との敷地が狭い。足場防犯センサー設置

本日より台東区で新しい現場が始まります。

仮設足場の仮設です。

仮設スペースがかなり狭く20㎝ありません。

しかし、お隣の敷地を利用することができませんのでこの狭いスペースに仮設しなければなりません。

DSCF2158.JPG

でも20㎝あれば足場は仮設できます。

本日しっかりと足場工事を完了してまいりました。

明日はシートを貼って外壁の洗浄です。

 

また隣との敷地が狭いということで足場の防犯センサーをご希望されておりましたのでこちらもしっかりと取付完了しております。設置は無料ですのでご希望の方はお気軽にお申し付けください。

 

大田区蒲田の外壁塗装工事が完了しました。

大田区蒲田の戸建て住宅外壁塗装工事が完了いたしました。

まずは施工前と施工後で比較

施工前

DSCF1694.JPG

施工後

IMG_3580.JPG

外壁は耐久15年のSKプレミアムシリコンで塗装しております。

 

今回の工事でスチール製の配管金物をステンレスに交換しました。

スチール製の金物は腐食し、錆が発生して外壁にも影響を与えてしまいます。

DSCF1713.JPG

交換後

今後バンドの腐食もなくなり錆の発生で外壁が汚れてしまうこともありません。

IMG_3588.JPG

屋根施工前

屋根は劣化し乾燥してコロニヤルがもろくなっておりました。

このまま放置すると少し力をかけるだけで割れてしまう状態になってしまいます。

IMG_1791.jpg

施工後

今後暑くなっていきますので遮熱塗料でしっかり塗装しました。

3Fのお部屋が暑くてたまらないとのご相談を受けておりましたので今年の夏にどのようになるか楽しみです。

IMG_3564.JPG

ベランダ防水工事

ベランダは形状が複雑で細かいところが沢山ありました。

既存がFRP防水でしたが改修でFRP防水をするにはスペースが狭すぎましたので今回はウレタン防水での改修を選択しました。

ウレタンは狭い隙間にも流れ込んでくれるので複雑な形状の防水に適しております。

IMG_1959.jpg

シーリング工事

シーリングはサッシ廻りや霧除け、フード廻りをしっかり施工しております。

IMG_3385.JPGIMG_3388.JPG

手摺の笠木付け根はこのような隙間が発生しておりました。

雨水の侵入が懸念されます。

IMG_3367.JPG

こちらもしっかりとシーリング施工時に補修しました。

IMG_3391.JPG

今回のお客様は外壁塗装時の防犯対策を心配されておりました。

弊社では赤外線センサーによる警報機の設置を無料で取付しております。

ご希望の方はぜひお声おかけください。

IMG_3372.JPGIMG_1803.jpg

外壁塗装工事と言ってもただ壁を塗るだけではございません。

お客様の建物の劣化の進行状況、破損個所、外壁の種類や防水の種類などそれぞれ状態は異なります。

お客様に一番合った改修工事をご提案させていただけますよう現場での調査、お客様のご要望をお伺いして施工をすることを心がけております。

外壁の塗り替えはぜひ弊社にお任せください。

DSCF1707.JPG

錆が発生している排水管金物をステンレスに交換

ベランダのウレタン防水も完了して最後の掃除も完了です。

本日は錆が発生している排水管の支持金物をステンレス製のものに交換します。

現在はステンレス製の支持金物が多くなっておりますが、以前はすてーる製のものが多く錆が発生して腐食をしております。

錆は外壁も汚し、劣化の原因にもなります。

そこで配管塗装後にステンレス製の金物に交換して今後の錆の発生を防ぎます。

DSCF1714.JPGDSCF1713.JPG

交換後

IMG_3498.JPG

電気の配線のバンドもスチール製でしたのでこちらもステンレスの物に交換しました。

DSCF1711.JPG

これで錆が発生することもなく糸安心です。

IMG_3499.JPG

IMG_3500.JPG

一通りの作業が完了しましたのでシートをはがし、お客様に確認していただきます。

火曜日に足場を解体予定になっております。

IMG_3493.JPGIMG_3496.JPG

大田区蒲田の現場 狭小ベランダ ウレタン防水施工中

大田区蒲田の現場では外壁の塗装も完了し、ベランダの防水工事を残すのみとなっております。

既存はFRP防水です。

今回はウレタン防水で改修していきます。

なぜFRP防水なのにウレタン防水で改修するの?と思われる方もいらっしゃると思います。

今回のベランダはスペースがとても狭く、一番狭い所でスペースが10センチほどしかありません。

FRP防水を施工するのに十分なスペースが無いと判断しましたので、今回は隙間まで流し込むことができるウレタン防水での施工を選択しました。

このように現場の状況に合わせた施工方法をお見積り時にご提案、ご説明さえていただいております。

施工前

IMG_1965.jpg

施工後

IMG_3491.JPG

IMG_1958.jpg

 

外壁塗装は15年耐久のSKプレミアムシリコン

本日は外壁塗装

下塗りに微弾性フィーラーを」塗布し、仕上げはSKプレミアムシリコンを2回塗布していきます。

SKプレミアムシリコンはハイブリッドシリコン塗料で従来塗装の寿命は10年と言われていたものを15年まで引き上げた優れものです。

IMG_3436.JPG

IMG_3439.JPG

SKプレミアムシリコン

IMG_3470.JPG

IMG_3478.JPG

シーリング打ち変え工事 大田区蒲田 コーキング

本日はシーリングの打ち変えです。

良くお客様にシーリングとコーキングはどう違うの?

と質問されますが職人さんによって呼び方が違うだけで同じものを指しているように感じます。

自分認識ではシーリングという大きなくくりの中にコーキングがあるのだと思います。

それはさておき本日はシーリング(コーキング)工事です。

既存の目地を撤去し、シーリング(コーキング)を充填していきます。

既存のシーリングの撤去作業

IMG_3345.JPG

プライマー塗布

IMG_3352.JPG

シーリング充填

IMG_3353.JPGIMG_3379.JPG

IMG_3378.JPG

ヘラで撫でてシーリング(コーキング)の完了です。

目地

IMG_3397.JPG

金物廻り目地

IMG_3396.JPG

天井廻り

IMG_3395.JPG

出窓上場

IMG_3388.JPG

サッシ廻り

IMG_3385.JPG

笠木のきわ

IMG_3391.JPG

しっかりとシーリング工事完了です。

シーリングの劣化は雨漏りに繋がる危険な箇所です。

外壁改修時にはシーリングの打ち変えをお勧めします。

大田区蒲田の外壁塗装工事 高圧洗浄施工中

本日は外壁の高圧洗浄施工中です。

屋根には苔がビッシリついております。

IMG_1792.jpg

洗浄中です。

高圧洗浄で屋根の苔が落ちているのがはっきりわかります。

IMG_1812.jpg

洗浄後はこんなにキレイになりました。

IMG_1822.jpg

外壁もしっかり洗浄して作業の準備が完了しました。

IMG_1829.jpg

作業終了時には防犯センサーをオンにしてから帰ります。

IMG_1810.jpg

前のページへ

ご相談・現地調査は無料です。フリーダイヤル0120-589-431。受付時間午前8時から午後7時。メールでのご相談は24時間受付中です。