屋根塗装、防水塗装のお見積は無料。東京23区、埼玉、千葉、神奈川、茨木も対応。東京都足立区(株)ナガサワ美装

屋根の塗装

塗装の現場最新レポート 今日のナガサワ美装

安心の瑕疵保険 施工後の不具合にも対応

漏水にサーモグラフィー調査 見えない部分を見る技術

足場センサー 施工中も安心を確保 万全の防犯対策

ご相談は無料です!電話またはメールでお気軽にご連絡ください

職人募集中! 男女新規スタッフ募集 頑張り次第で収入UPも可能!

戸建住宅塗装専門店 住まいのドクターBright House ペイントスタジオ ブライトハウス

ナガサワ美装

当サイトはリンクフリーです。上のバナーをご利用下さい。

屋根 塗装の施工例

屋根の塗装は、屋根の老朽化を防ぎ、防水性を向上させる大切な役割があります。
防水性をアップする工法はもちろんのこと、塗料によっては高い遮熱効果もあり、省エネ効果も期待できます。屋根は、太陽光や風に常にさらされているからこそ、雨漏など不具合が出る前に定期的な塗装メンテナンスを実施することをお勧めします。

ご相談・お見積りは無料です。お気軽にお問合せください。

足立区西新井 屋根 遮熱塗装

塗装作業も終盤に差し掛かってきました。

本日は屋根の仕上げ塗装

遮熱塗料を塗布していきます。

1回目

IMG_3027.JPG

IMG_3033.JPG

十分乾燥時間を取ってから2回目を塗り重ねていきます。

IMG_1214.jpg

IMG_1220.jpg

IMG_1232.jpg

これで今年からの夏の屋根たの暑さ対策は万全ですね。

屋根材もしっかり塗装で保護されておりますので劣化の軽減にもつながります。

葛飾区青戸の戸建て住宅塗装工事が完了しました。

葛飾区青戸の戸建て住宅塗装工事が完了です。

今回のお客様のご要望は手軽な予算で塗り替えを!!ということでした。

しかし中途半端な工事はできません。

しっかりと塗装させていただきました。

施工前

IMG_0320.JPG

施工後

IMG_2173.JPG

 

かなり近隣との敷地感が狭い建物ですが足場はしっかり仮設できます。

IMG_1526.JPG

本来サッシ廻りのシーリングはないのですが、モルタルの劣化、サッシのゆがみなどで隙間が生じておりましたのでシーリングのご提案を致しました。

IMG_1955.JPG

IMG_1956.JPG

霧除けの隙間もきっちりシーリングで防水します。

IMG_1971.JPG

もともとあった外壁の補修跡はパターンという模様を付けてなるべく目立たないようにしてから塗装します。

IMG_0340.JPG

IMG_2027.JPG

雨樋は破損し、機能をはたしておりませんでしたので今回は交換です。

IMG_0313.JPG

IMG_2170.JPG

IMG_2180.JPG

 

塗装も窓の木枠から雨戸までしっかりと塗装しております。

IMG_2176.JPG

鉄骨ベランダ

IMG_2183.JPG

 

玄関上の屋根はボロボロ・・・

CIMG4146.JPG

こちらは板金カバー工法で見違えるようになりました。

鳩が多く困っていらっしゃるので鳩除け(バードヨラン)を設置しております。

IMG_2164.JPG

大屋根は葺き戻し工事という既存の瓦を再利用する工事で、下地のルーフィングを交換する工事です。

CIMG4145.JPG

CIMG4125.JPG

IMG_1890.JPG

IMG_0835.jpg

しっかりと工事をしてお客様に喜んで頂く。

これがナガサワ美装のモットーです!!

外壁塗装、屋根工事をお考えの方はお気軽にご連絡ください。

きっとお客様に喜んで頂ける外壁塗装を施工させていただきます。

IMG_2173.JPG

 

屋根葺き戻し工事 葛飾区青戸現場

屋根の葺き戻し工事です。

屋根の葺き替えはよく聞きますけど、葺き戻しって何??と思われる方もいらっしゃると思います。

葺き戻しこうじとは瓦屋根の瓦はそのっまま再利用し、瓦の下の防水シートを交換する工法です。

この工事は河荒野撤去費用、廃棄費用、新しい屋根の材料費がかかりませんのでコストをかなり削減できると古賀特徴です。

屋根は古い和瓦ですが破損などはみあたりません。

CIMG4145.JPG

しかし、瓦の下の防水シートは劣化してカサカサになっておりました。

CIMG4125.JPG

棟も一見問題なさそうですが、

CIMG4128.JPG

開けてみるとこちらも劣化がすごいです。

CIMG4126.JPG

屋根の葺き戻し工事は既存の瓦を取り外し、下地の清掃から開始です。

IMG_1881.JPG

IMG_0848.jpg

次にルーフィングというゴムの防水シートを貼っていきます。

IMG_1886.JPG

IMG_1890.JPG

下地を作り瓦を戻して

IMG_0843.jpg

雪止めを取り付けして完成です。

IMG_0835.jpg

 

棟の工事は既存解体清掃

IMG_0851.jpg

防水性が高く軽くて強い漆喰なんばんを使用し、棟を取り付けます。

IMG_0838.jpg

IMG_0834.jpg

屋根の葺き替えは予算的には合わないけれど、瓦はそのままで雨漏りを直したい!!といったお客様にはやねの葺き戻しのご提案をさせていただいております。

その他にも葺き替え、屋根カバー工法、屋根防水工事などお客様のご要望を考慮した屋根工事をご提案いたしておりますのでまずはお気軽にご相談ください。

屋根の点検無料ですのでまずはご自宅のやねの状態をチェック!!

お問い合わせは0120-589-431まで。

 

足立区佐野の戸建て住宅つぉう工事が完了です。

足立区佐野のお客様

今回の工事を施行することになりましたきっかけは屋根の劣化を気にされての事でした。

施工前はこのように色褪せておりました

CIMG2015.JPG

しかし遮熱塗装でバッチリ塗装をするとこんなにキレイに生まれ変わります。

しかも遮熱効果付です。

CIMG2277.JPG

皆さんの中にも屋根に不安を抱えている方はたくさんいらっしゃると思います。

是非この機会に屋根の遮熱塗料での塗り替えをご検討ください。

 

施工前                             施工後

外壁はエスケープレミアムシリコン

15年耐久のハイブリッド塗料

今回は色分け塗装色味を少し明るくしてイメージチェンジ

IMG_1795.JPGCIMG2334.JPGIMG_1788.JPGCIMG2327.JPG

 

屋根はもちろん遮熱塗料

施工中にも屋根の温度が軽減されているのを実感しながら塗装しておりました。

 

CIMG2021.JPGCIMG2275.JPG

 

ベランダは既存のFRP防水にマットを重ね貼りし、防水層を2重にしております。

これで雨漏りの心配もないですね。

 

IMG_1781.JPGCIMG2369.JPG

ついでに古くなった波板に交換もいかがですか?

ナガサワ美装で外壁塗装をされたお客様には特価で張り替え致します。

CIMG2013.JPGCIMG2289.JPG

色分け塗装、お洒落塗装、遮熱塗装、安心価格での塗り替え、信頼できる技術、施工後の安心アフターケアをご希望されているお客様は是非一度ナガサワ美装までお電話ください。

わかりやすい説明、明確な見積り、安心の技術でお客様の期待にお答えします。

0120-589-431まで

夏の暑さ対策はやっぱりシャネツロック!!

足立区佐野の現場より

 

本日は屋根の塗装工事です。

屋根の材質はコロニヤル屋根

屋根の面積が広いので2階の部屋はかなり暑いようです。

この夏を乗り切るためにシャネツロックで屋根の塗装をさせていただきます。

 

CIMG2022.JPG

施工の流れは

自社の施工で仮設足場

今回は外壁塗装も兼ねての屋根塗装ですのでかなりコストカットできております。

CIMG2009.JPG

屋根高圧洗浄は全面しっかりと!!

高圧洗浄は蓄積された汚れを落とす大切な作業です。

苔や藻も発生しておりますのでそのまま塗装してしまうと密着不良を起こしたり、劣化が早くなってしまいます

 

IMG_0005.JPG

下地の処理はシーリングで

屋根には誰も登っていないはずなのにふと見るとコロニヤル屋根が割れております。

これはどちらの現場にお伺いしても良く目にする光景です。

CIMG2161.JPG

屋根を変えるほどではないのでシーリングで補修しておきました。

CIMG2162.JPG

次にタスペーサーを挿入していきます。

タスペーサーは屋根の間に差し込みわざと隙間を作る縁切りと呼ばれる作業です。

毛細管現象と呼ばれる屋根の中が真空になって水を吸い上げてしまうのを防ぐためになります。

CIMG2164.JPG

CIMG2166.JPG

ココからやっと塗装になります。

下塗り

屋根にはエポキシシーラーをじっくりしみこませるように塗布していきます。

棟の部分は2液のエポキシ錆止めを塗布しております。

CIMG2186.JPG

CIMG2184.JPG

中塗りにいよいよシャネツロック登場

この時期の屋根は本当に暑くて塗装前は同じところに立っていられません。

しかしシャネツロックを1回塗布しただけで屋根の上に立っていても平気なんです。

そのくらいの遮熱効果が期待できます。

屋根が熱を貯めない、夜になっても暑いことが軽減される、エアコンの効きが良くなる。

つまりは省エネにつながります。

CIMG2188.JPG

CIMG2190.JPG

2回目のシャネツロック

CIMG2271.JPG

CIMG2296.JPG

CIMG2275.JPG

屋根もきれいになり、塗膜で保護され、更に遮熱効果が発揮されるそんな素敵な塗料で屋根を塗装しませんか?

通常の戸建て住宅の屋根ですと12万円くらいから15万円くらいで遮熱塗装を施行させていただいております。

もちろん足場の費用は別途になりますので外壁塗装と合わせて施工することをおススメします。

外壁塗装の塗料にも遮熱塗料を使用できます。

屋根、外壁W遮熱で毎年続く暑さ対策してみませんか?

お問い合わせは

0120-589-431まで

 

 

 

足立区谷在家の戸建て住宅の塗装工事が完了しました。

足立区谷在家の戸建て住宅

3年ほど前に2面のみ外壁塗装を行っておりまして、今回は残りの2面と屋根の塗装工事をご依頼いただきました。

IMG_1891.JPG

IMG_0910.JPG

今回のお客様は前回の改修面施工時にはシーリングの打ち替えを施行しませんでした。

その施工面のシーリングが浮いて塗装箇所が剥がれてしまっております。

IMG_0893.JPG

IMG_0895.JPG

なぜ3年しか経っていないのにこういった状態になってしまったのか?

それは劣化したシーリングがひび割れをおこし、そこに雨水が侵入し、塗膜を浮かしてしまったからです。

塗装屋さんが外壁塗装時にシーリング工事を進めるには理由があります。

シーリングは劣化すると乾燥し、ひび割れが発生してしまいます。

折角塗装した塗膜もシーリングに引っ張られてしまい、最終的には塗膜が耐え切れずに避けてしまいます。

こういった状態が発生しないようにするためにもシーリングの打ち替え工事は重要な作業になっております。

 

今回の工事では

高圧洗浄~シーリングの打ち替え~下塗りの微弾性フィーラー~水性シリコン2回仕上げ

となっております。

施工のポイントはシーリングの打ち替えですね。

 

仮設足場工事は自社職人で施工しております。

施工面の仮設足場と、屋根足場の仮設です。

屋根は急勾配ですので屋根の施工用の屋根足場も仮設します。

IMG_1918.JPG

IMG_1915.JPG

IMG_1909.JPG

 

高圧洗浄は特にひどい汚れの屋根を洗浄する新兵器が登場です。

屋根洗浄用高圧洗浄機です。

IMG_1991.JPG

こんなにひどい汚れの屋根も

IMG_1976.JPG

この洗浄機を使用すると

IMG_1988.JPG

ここまできれいになります。

塗料の密着を良くするためには既存の汚れをしっかり落とす事!!

基本です。

IMG_1997.JPG

 

シーリングは既存のシーリングを撤去してから新しくシーリングを打っていきます。

やはり劣化が進み破断している箇所も見られます。

IMG_0863.JPG

既存シーリング撤去作業

CIMG1043.JPG

プライマー塗布後にシーリング充填

CIMG1057.JPG

CIMG1062.JPG

サッシ廻りも

CIMG1064.JPG

フード廻りもしっかりとシーリングしていきました。

CIMG1061.JPG

 

外壁の塗装は下塗りに微弾性フィーラー

IMG_2047.JPG

仕上げは水性シリコン2回塗り

IMG_2066.JPG

IMG_2081.JPG

 

屋根の塗装前に棟の下地の交換です。

棟の下地木部は経年劣化によって腐食していきます。

今回のように急勾配の屋根の場合は棟の交換するにも屋根足場が必要になってきます。

今回のように外壁塗装、屋根塗装のタイミングで屋根のメンテナンスをしておくのがベストでしょう。

IMG_0059.jpg

棟を解体し、既存の下地を撤去します。

IMG_0069.jpg

IMG_0062.jpg

新しい下地を作り棟の板金を戻します。

IMG_0066.jpg

IMG_0067.jpg

IMG_0068.jpg

 

屋根塗装はもちろん遮熱塗料で塗装していきます。

タスペーサーを挿入し、縁切り処理

IMG_2001.JPG

下塗りにエポキシのシーラーをしっかりしみこませながら塗布し

IMG_2006.JPG

仕上げは遮熱塗料の2回塗り

IMG_2073.JPG

これでこの夏の暑さ対策もバッチリです!!

IMG_2068.JPG

IMG_2069.JPG

IMG_2137.JPG

仮設足場を解体し工事完了です。

IMG_2142.JPG

 

最初にお話ししました前回交換しませんでした破断したシーリング箇所。

こちらも今回全て撤去し、新しいシーリングを打ち替えさせていただきました。

IMG_2015.JPG

IMG_2042.JPG

これでシーリングの心配も無くなりました。

IMG_2055.JPG

 

今回の工事のポイントはシーリング工事の重要性。


塗装工事にはあまり関係ないと思われがちですが、防水性にしても塗装に対する影響も大きく、重要な役割を担っております。

塗装工事の際にはシーリング工事も併せて施工することをおススメいたします。

弊社はシーリング工事も自社職人で施工いたしますので余計なコストがかかりません。

外壁塗装工事と合わせて施工すればより低価格での施工が可能です。

外壁塗装をお考えの際は是非お気軽にご相談ください。

 

 

 

屋根の遮熱塗装でこれからの夏の暑さを乗り切ります。

足立区谷在家の屋根塗装現場から

本日は屋根の遮熱塗装

遮熱塗装は太陽の熱を遮熱塗料が反射させてくれるので、屋根の温度上昇が軽減される優れものです。

屋根の遮熱塗装をされたお客様は決まって『夏の暑さが軽減されました。』とおっしゃってくださいます。

夏ですのでもちろん暑いのは暑いのです。しかし、その暑さの質が変わってくるのです。

また、エアコンの効きも良くなりますので電気代の軽減にもつながってくるエコ塗料です。

長年頑張ってきた屋根の表面は劣化し、コケや藻がびっしりです。

IMG_1912.JPG

事前に洗浄でしっかり清掃し、遮熱塗料がしっかり密着するように綺麗にします。

IMG_1971.JPG

IMG_1995.JPG

まずは屋根の縁切り処理

タスペーサーを使用し、屋根と屋根の間に隙間を作ってあげます。

屋根が塗料で密閉されてしまうと雨水を吸い上げてしまい漏水が発生することがあります。そこで空気が抜けるようにわざと隙間を作るのです。

屋根からの雨水の浸入を防ぐために必要な作業です。

IMG_2001.JPG

IMG_2002.JPG

次に遮熱塗料と屋根との密着を良くするためのシーラーという接着剤のようなものを塗っていきます。

かなり劣化しておりますのでしっかり吸い込ませるように塗布していきます。

IMG_2006.JPG

IMG_2021.JPG

次に遮熱塗料を2回塗布していきます。

1回目

IMG_2026.JPG

IMG_2031.JPG

2回目の仕上げ

IMG_2073.JPG

IMG_2069.JPG

IMG_2071.JPG

これでこの夏の暑さ対策は万全ですね。

遮熱塗料の効果を実感してください。

まだまだ間に合う遮熱塗装!!!

外壁塗装、屋根塗装をお考えのお客様は是非ご相談ください。

屋根が生まれ変わりますよ~

IMG_0910.JPGIMG_2137.JPG

 

汚れた屋根もきれいサッパリ!!屋根洗浄の秘密兵器!!

本日は足立区谷在家にて高圧洗浄清掃です。

屋根と外壁を洗浄していきます。

屋根にはコケや藻が大量に発生しております。

これをキレイに洗浄するのはかなり大変だぞ~

IMG_1912.JPG

IMG_1913.JPG

ですがココだけの話、ナガサワ美装は屋根の酷い汚れをきれいサッパリ落とすことができるのです。

それはこれを手に入れたからです~

じゃじゃ~ん

これは高圧洗浄機の先端に取り付け、高圧の水流とパットについたブラシが屋根の汚れをあっという間に、しかもすごーくきれいに

落としてくれる新兵器です。

IMG_1991.JPG

IMG_1992.JPG

屋根用のポリシャーみたいな感じですね。

IMG_1993.JPG

屋根のよごれや、コケや藻がきれいに落とせるっていることは、それだけきちんとした塗装ができるってこと。

つまりは塗装の寿命が延びるし塗料の効果が最大限に発揮できるってことになります。

それではこのNEWマシーンの威力をご紹介します。

こんな苔は~

IMG_1975.JPG

さーっと洗浄すると

IMG_1971.JPG

この通り!!!

IMG_1995.JPG

 

こんなに苔がひどくても

IMG_1976.JPG

しゅしゅーっと

IMG_1977.JPG

はいっ!きれい!!

IMG_1997.JPG

これからはこのNEWマシーンで皆さんの屋根をキレイにしまくってから塗装させていただきます。

ウチの職人はすでにこの屋根の洗浄機をかなり使いこなしております。(笑)

IMG_1990.JPG

IMG_1982.JPG

皆さんの屋根もきれいサッパリ洗浄してから塗装をすれば弊社お奨めの遮熱塗料の効果もバッチリ効きますよ~

ながさわ美装の新兵器

屋根の高圧洗浄機のご紹介でした。

IMG_1994.JPG

屋根遮熱塗装!!!

本日はコロニヤル屋根の塗装工事

使用する塗料は遮熱塗料。

本日はタスペーサーを取り付け、シーラーを塗布し、遮熱塗装1回目まで完了させて帰りたいと思います。

タスペーサーとはコロニヤル屋根の間に差し込む器具で、コロニヤル屋根同士が塗料でくっ付いてしまうのを防止する役割があります。

コロニヤル屋根が全て塗膜でおおわれて密閉されてしまうと『毛細管現象』という軒先から水を吸いあがてしまう現象が発生する可能性があります。それを事前に防ぐためコロニヤルの隙間にタスペーサーという器具を差し込み隙間を作ってあげます。

これを『縁切り』と言います。

IMG_0028.JPG

IMG_0029.JPG

IMG_0030.JPG

下塗りはエポキシシーラーです。

かなり劣化していおりますのでしっかりとシーラーを塗布していきます。

IMG_0031.JPG

IMG_0036.JPG

仕上げの1回目遮熱塗料です。

しっかりと塗り込んでいきます。

IMG_0038.JPG

IMG_0042.JPG

IMG_0043.JPG

2回目の塗装は1回目の塗料がしっかり乾燥してから塗装します。

本日の遮熱塗装作業は終了です。

屋根塗装 セメント瓦塗装工事

足立区六木の現場は順調に施工が進んでおります。

屋根塗装 セメント瓦塗装

高圧洗浄でしっかり汚れを洗い流します。

IMG_6442.JPG

棟の部分に破損がありましたので屋根材を交換し、しっかりと補修しておきます。

IMG_1150.jpg

また棟からの雨水の浸入を防ぐため棟の防水を新しくしました。

IMG_1133.jpg

IMG_1146.jpg

屋根はセメント瓦でかなり表面は劣化しております。

IMG_6436.JPG

P1040123.JPG

屋根セメント瓦は吸い込みが激しいので仕上げの塗装がしっかりとかぶるように下塗り塗装を2回行います。

瓦は形状が複雑ですが細かい所までしっかり塗料を入れます。

IMG_6641.JPG

IMG_6642.JPG

仕上げは遮熱塗料で塗装していきます。

2回塗りでしっかり塗膜をつけていきます。

IMG_6658.JPG

IMG_6656.JPG

IMG_6655.JPG

屋根は自然環境のダメージを一番受ける箇所です。きちんとメンテナンスをしていかないと劣化が進み、漏水の原因にもなってきます。きちんとしたメンテナンスを続けていれば、しっかり長持ちしてくれます。

セメント瓦、コロニヤル、折半屋根、ガルバニウム鋼板、トタン屋根などそれぞれの屋根の特徴にあった塗料、改修方法をご提案いたします。

また、屋根の防水、葺き替え工事も行っておりますので、屋根に不安があるお客様は是非一度ご相談ください。

外壁塗装の際には併せて屋根のメンテナンスをお奨めしております。

 

前のページへ

ご相談・現地調査は無料です。フリーダイヤル0120-589-431。受付時間午前8時から午後7時。メールでのご相談は24時間受付中です。